御礼状

テレアポでアポを取って初回面談が終わったあとに、私は必ず「お礼状」を書きます。

「本日は、お忙しいところ、お時間をいただきありがとうございました。・・・中略・・・今後ともよろしくお願い致します」こんな感じの簡単な内容です。この「お礼状」をその日に書いて投函します。書き出しが「本日は」なのがポイントです。通常、お礼状は、「先日は」と書くと思います。このように書く方が多いので、同じ書き方ではライバルに差をつけられません。そこで、その日に書いて、「本日は」とするのです。ライバルに先んじてYESをもらえる人は、そんなちょっとしたことを抜かりなくやっているものです。このお礼状ですが、書くのが苦手な人にとってはかなり気が重い作業です。字がヘタな方・筆不精の方は特に、書こうと思つでもなかなかできないと思います。かく言う私も昔は、お礼状は書いていませんでした。

人間は怠け者です。新しいことになかなか挑戦したがりません。そんな私がお礼状を書くようになったきっかけは、ある方からいただいたお礼状でした。それは、毛筆で丁寧に書かれたお礼状で、とても心がこもっている印象を受けました。その人はトップ営業の方でした。ただでさえ忙しいのに、わざわざ毛筆でお礼状を書き、「出会いに感謝」と最後に添えて、送ってくださいました。やり始めると結構大変です。1日に複数の方と会うと、もう大変です。会社に帰ってから、雑務がたまっていると、面倒くさくなって、その日にやらないこともありました。そういう場合はメモ書きにして、明日必ずやるとするのですが、明日になると、また、他の業務を優先して、結局、書かないことに。

毎回書くのは時聞がない場合もあるので、事前に次のような文面を書いておいて、宛名だけ書いてすぐ送れるようにします。面談と面談の間の時間に宛名だけなら喫茶店などで書けるので、常にハガキをもち歩きます。

拝啓 時下、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。怖さて、本日はご面談の機を賜り、誠にありがとうございました。お目にかかれたご縁に感謝し、大切に育てていきたいと願っております。これを機会に、今後とも末永いお付き合いをお願い申し上げ、種々ご教導賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。まずは、略儀ながらお礼まで。

こういった文面ですぐに送りましょう。

テレアポの設計のTOPへ戻る