テレアポ

主導権は自分にある

当然ですが、テレアポは自分からリストを選んで自分からかけています。主導権はお客様
ではなく自分にあるので、怖がることもないのです。例えば、インバウンド(電話を受けること) のテレマーケティングでは、お客様は用事があって電話をかけてくるので、問われたことには必ず対応をしなければいけません。主導権はお客様にあります。しかし、電話をかけるアウトバンドでは、万が一お客様にわからないことを聞かれたとしても、「そういうことも含めて、お伺いしてお話をさせていただきたい」とうまくかわしていくことができます。考え方によっては、アウトバウンドのほうが楽なのです。「主導権が自分にあるという考え方」は意外と重要なメンタル的要素なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *