テレアポ

名刺

名刺には魔法のキーワードをちりばめよう!
たとえばテレアポで「テレアポ職人の○○でございます」と挨拶します。このときの「テレアポ職人」という肩書は、名刺にも刷られています。 この「テレアポ職人」という肩書が、「魔法のキーワード」です。 そして、この肩書は、初回の面談において、大いにサポートしてくれます。 最初の面談で、挨拶が終わると、お互いに座って、話を始めると思います。 このときに、いきなり商談に入る方もなかにはいると思いますが、お互いにまだ打ち解 けていない段階で、いきなり本題に入るのは、営業のプロセスとしてはあまりいいとは言 えません。 また、こちらからガツガツと話を進めるよりも、相手が話してくれたほうが話がスムー ズに運びますし、ある程度、心を許してくれていると判断できます。 とはいえ、初対面ではお互いに共通する話題がわかりません。そんなときは、目の前に 名刺が置いてあるので、名刺の情報からなんらかの話題を探ることが多いと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *