テレアポ

裏技トークを使おう

受付突破が難しい場合、わざと難しく劃明するもあります。「簡潔にわかりやすく」が セオリーですが、IT関連製品や内部統制など受付の方では理解できにくいようなサービスの場合うまくいくこともあります。
例えば、「JーSOX法対応の ERPパッケージコンサルティングのご紹介です。システム部長はいらっしゃいますか?」というようなトークです。 業界の方であれば難しくないワードも、受付の方にとっては理解できないワードになります。受付の方は「それって何ですか?」と聞くわけもいかず、担当部署に電話を取次ぎます。裏技的なトークですが、意外と使えます。また、ご案内のトークにネガティブなワードをポジティブなワードに変えてみると、受付突破率は大きく変わります。

例えば、不動産投資会社の場合、「ワンルームマンションの投資の件でご連絡をしました」よりも「年金のアドバイスをさせていただきたくご連絡しました」と不動産を法人で購入したときに得られる効果を話すのです。ある会社の場合、このトークを使いはじめて、受付突破率が30%から60% に、 アポイント獲得率も0.5%から2%に向上したそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *